契約機で借りるキャッシング

外国籍で作るカードローン!外国人のハンデ

外国籍でも日本のカードローンを契約することはできます。ただし、日本人と同じようにとはいかないのが現状です。というのも、外国人に融資をするということは普通以上のリスクが伴うのです。まず日本語が堪能でないと連絡を入れても意志疎通ができないので、信用を重視するカードローンを提供することはできないでしょう。

 

残念ながら、世界共通言語の英語ですら日本国内においては必要のない言語なので、ほとんどの日本人は日本語しか話せません。よって外国人も日本語を覚えてもらう必要があります。

 

日本語力は会話をはじめとして、読み書きも堪能であることが求められます。ひらがな・カタカナはもちろん、約2000字程度の常用漢字は覚えておきたいですね。

 

そして、永住権を得ている必要があります。永住権の獲得は10年以上日本に在留しており、独立して生計を立てられるまでに至っている人であるという条件があるので、これは一種の信用に繋がります。

 

外国人の中には借金を抱えたまま母国へ帰国してしまう方もいるため、そのリスクを踏まえると安易に融資できるものではないのです。そのため在留期間なども重視されます。

 

このようなハンデはありますが、これをクリアできれば日本での信用はばっちりつかめているということですので、カードローンのみならず、今後の日本での生活も安定したものが送れるでしょう。

 

プロミスの在籍確認

お金を借りる際には在籍確認が行われるのが基本となり、プロミスでも担当者の個人名による簡単な確認の電話が入ります。